ガンバ大阪のあるまち「すいた」

ガンバ大阪
日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブの1つで、吹田市の万博記念競技場がホームスタジアムです。 前身は1980年創部の松下電器産業株式会社サッカー部になります。同スタジアムの隣接地にある万博記念公園スポーツ広場内にクラブハウスと練習グラウンドがあります。
クラブ名の「ガンバ(GAMBA)」はシンプルで強いチームを目指して、イタリア語でサッカーの原点である脚を意味する他、「ガンバ」の響きは、日本語の「頑張る」とも 通じています。また、下記も目指しています。

  • チーム一丸となって勝利を目指してガンバるチーム
  • どんな状況でもガンバって勝利を勝ちとるチーム
  • 大阪をホームタウンとし、大阪を中心とした関西ファンの声援を受けてガンバるチーム
  • 日本一、世界一のクラブ組織に向けてガンバるサッカークラブ
  • ガンバ大阪公式サイトはこちらから

吹田市の周辺の北摂・北河内地域の14市3町をホームタウン活動エリアとして位置づけています。中でも2004年からは吹田市、茨木市、高槻市、2006年からは豊中市を加えた4市を重点4市と定めています。
2008年にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のタイトルを獲得し、アジアナンバー1のチームです。

≪写真ご提供:ガンバ大阪(GAMBA OSAKA Co., Ltd.) ≫